美容断食で美肌を目指す|顔・体・髪に本来の輝きが戻る

自然治癒を促す美容断食

自然治癒を促す美容断食毎日色んな化粧品を使っているにも関わらず、肌は乾燥して髪もパサパサになってしまう。。。

お手入れの効き目がよく分からないという方は、スキンケアのしすぎかもしれません。本来、人間の体は自然に肌をキレイにする能力があります。

しかし、洗ってすぐに栄養分を与えることを繰り返すと、肌は自然治癒能力を発揮する必要がありません。そこで、自然治癒能力を向上させる方法が、今注目されている「美容断食」です。

「美容断食」とは、ご飯を食べないということではありません。今行っているお手入れをやめてみて、クレンジングをした後は何もつけないという方法です。

過保護なスキンケアをやめて自然治癒を行うことで、長年の悩みがスッキリ解決したという方が続出しています。美容のプロもオススメしている美容断食について、今回はご紹介します。


 

美容断食のやり方

美容断食のやり方エステサロンの方が言うには、現代人はおしゃれで美しい方が増えたものの、素肌は昔の人の方がキレイで弾力があったそうです。

朝晩のスキンケアを熱心に行い、一日中何か乗せているため、肌の休まる時間が無いことが原因です。

美容断食のやり方について、解説していきます。

ヘアケア

髪はシャンプーで洗わず、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。「臭くならないの?」と思うかもしれませんが、心配いりません。

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮の皮脂を根こそぎ奪ってしまいます。体は不足した皮脂を補おうと、大量の皮脂を分泌します。この繰り返しにより皮脂線が増え、さらに洗いすぎで頭皮のバリア機能が壊れてしまっています。

こうなってしまうと、地肌が乾燥して薄くなり、髪の成長に悪影響を与えます。シャンプーをやめて35℃程度のぬるい水ですすげば、皮脂が根こそぎ落ちないので皮脂線が小さくなり、においや乾燥を防ぐことができます。

お湯だけで、十分に汚れや余分な皮脂は落ちます。

フェイスケア

フェイスケアは至ってシンプルです。夜はクレンジングでメイクや汚れを落とし、その後は何もつけません。化粧水・乳液も付けずに、肌に休息時間を与えます。

乾燥しやすいオイルクレンジングは避け、マイルドなクレンジングを選びましょう。また、クレンジング時は肌を強くこすらず、浮かせて馴染ませることを念頭に丁寧に行いましょう。

夜のケアを行わないということで、最初は肌の乾燥が気になるかと思います。どうしても気になる場合は、保湿クリームを乾燥がひどい部分にだけつけましょう。

肌が本来持っている保湿力を出すために、少しずつ何も塗らないように心がけましょう。

ボディケア

ボディローションを塗っても肌の乾燥が止まらない人は、洗いすぎが原因の可能性があります。

ボディタオルにボディソープをつけてゴシゴシ洗っていると、潤いが奪われてしまいます。よほど汗をかいた日以外は、お湯ですすぐだけで大丈夫です。

また、ボディソープを使うのであれば、デリケートゾーンのみ使いましょう。首・わき・背中・デコルテ・股・足などです。

 

美容断食で美肌を目指そう

美容断食で美肌を目指そう美容断食を続ければ、毛穴が引き締まりキメが整ったり、シミが改善したり、日焼けに強い色白肌になります。

夜は美容断食をして、朝は皮脂や老廃物がたくさん出ているのでしっかりと洗いましょう。朝のメイクなどはいつも通りで構いません。

美容断食は、夜の間に何も付けないことを心がけることで、体自らの保湿力や治癒力を促進します。まずは1週間試してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】


【このブログを定期購読する】