低分子コラーゲンのサプリメント|40歳を過ぎたら必ず取り入れよう

コラーゲンは20歳で減り始め40歳で激減する

コラーゲンは20歳で減り始め40歳で激減する「最近肌にシワ・たるみが出てきた」「髪にコシがなくなった」という方は、コラーゲンが不足しています。

コラーゲンとはタンパク質の一種で、身体を構成する全タンパク質の約30%を占めています。体内コラーゲンのうち40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、その他は血管・内臓・髪の毛など全身に広く分布しています。

しかし、歳をとるにつれて、コラーゲンが体内で生成されにくくなってしまいます。20歳を過ぎるとコラーゲンの減少が始まり、40歳を迎えると急激に減るという研究結果が出ています。

コラーゲンが不足すると、シワ・ほうれい線・たるみの原因となります。今回は、コラーゲンについて詳しく解説していきます。


 

コラーゲンの効果

コラーゲンの効果コラーゲンを摂取することで、コラーゲンの新陳代謝が活性化し、常に体内には新鮮なコラーゲンが多くある状態になります。すると、肌の保水能力やシミ・シワ・目のクマなどが改善されていきます。

また、肌の健康だけではなく、体内に様々な好影響を及ぼすことが研究でわかっています。

・髪が太くなる

コラーゲンが増えると、髪のハリやコシに影響します。毛髪の直径が増し、髪のなめらかさが出るようになります。

・骨が丈夫になる

コラーゲンの効果として、関節痛が良くなることを押す商品も多いです。骨の内部にある骨芽細胞は、コラーゲンを元に強度を保っています。軟骨に多いヒアルロン酸も、コラーゲンがあることで増加することがわかっています。

・爪が丈夫になる

老化が分かりやすく出るのが「爪」です。コラーゲンを摂取することで、表面がもろくなった爪を改善する効果が認められています。

 

成人女性が必要なコラーゲンの量と飲み方

成人女性が必要なコラーゲンの量と飲み方肌への効果を期待するには、研究でコラーゲンを1日5〜10g摂取することが良いとされています。

食事からのコラーゲン摂取量は1日平均1.9gのため、足りない部分をサプリメントで補う必要があります。

また、飲むタイミングは夜がベストです。お肌は22時〜深夜2時にターンオーバーが最も進みます。人間は寝ている間が最もお肌の新陳代謝が良いため、コラーゲンを夜寝る前に飲むことで、最も効果を発揮します。

 

ビタミンCと一緒に摂取しよう

ビタミンCと一緒に摂取しようコラーゲンを摂取するときに必須なのが「ビタミンC」です。

コラーゲンを作っているアミノ酸を構成しているリジンとプロリンという成分が、ビタミンCによって水酸化され、そこで初めてコラーゲンが生成されるからです。

また、ビタミンEも摂取することで、効果が高まります。ビタミンCが効果的に働くためにいわば地盤つくりをしてくれるのがビタミンEなので、コラーゲンを作りやすい環境に整えます。

 

低分子コラーゲンのサプリメントがオススメ

低分子コラーゲンのサプリメントがオススメコラーゲンサプリの中でもオススメなのが「低分子コラーゲン」のサプリメントです。

コラーゲンの分子量は通常30万個ですが、低分子コラーゲンは分子を分解して1万個以下にしたものです。メリットは、身体に吸収されるスピードが圧倒的に早いことです。体内で分解する必要が無いためです。

低分子コラーゲンを配合しているサプリメントでオススメなのが、エーザイが販売している「美チョコラ」です。サプリメントにも関わらず、低分子コラーゲンなのですぐに効果が実感できる商品です。

美チョコラは、7日分の無料サンプルキャンペーンを開催中なので、気になる方はぜひ頼んでみましょう。美チョコラは、コラーゲンの他に「ビタミンC」「コエンザイムQ10」も配合されているので、オススメのサプリメントです。

「美チョコラ」の無料サンプル応募はコチラから

【関連記事】





【無料サンプル情報をLINEで受け取る】
LINE@でブログ更新通知をお送りします。
ぜひご登録ください!


友だち追加



【無料サンプル情報をメールで受け取る】
ブログ更新通知をメールでお送りします。